敏感肌の人ができる手入れまとめ!顔から背中まで

敏感肌の人は今までつらい人生を歩んできたことでしょう。
冬は風にあたり乾燥で肌が痛み、夏はその暑さで化粧が崩れ荒れてしまったり。
普通の化粧でもメイク用品や使い方に気を付けないとすぐにかゆくなってしまいます。

 

そういう人はいつも以上、人以上に日頃のケアが大事になってきます。
でもそういう方法って学校や仕事では教えてくれません。
自分の感覚で身に着けていくしかないんですがそれにも限界がありますよね。

 

なので少しでもあなたの生活が楽になればと思いまとめを作ってみました。
なんか肌が良く荒れるなー、かぶれるなーという人は見ていってください。

 

敏感肌とは

私も結構肌が荒れるんだけどこれって敏感肌?としっかり判断ができな人が多くいるといままでいろんなひととあってきてかんじました。
あやふやな人は少しチェックしてみるといいでしょう。
それによって対応する方法、使う薬なども変わってきますからね。

 

まずはその定義から解説。
敏感肌というのはいわゆるめちゃくちゃ痛みやすい肌のことを言います。
通常肌には油などで外からの刺激から守るものがいくつもあるんです。
でもそれが体質なのか、環境なのか失われてしまって、刺激をダイレクトに受けてしまうようになります。

 

この状態だとちょっとした刺激物でかゆみが出たり、荒れたりとすごい敏感になるんです。
だから敏感肌というんですね。
症状としては、

 

  • 肌がかゆくなる
  • 化粧をしたところが赤くなる
  • 差はんぷーをしてもかゆみがある

 

などです。
何も敏感肌は顔だけでなく頭や背中にまで広がります。
化粧で何も起こらないから私は違う、と思ってる人はドキッとしたんじゃないでしょうか。

 

原因とは

こんなことになってしまう原因は先天性のものと後天的なものがあrます。
先天性だともともとからだが弱くて、バリア機能が弱いという肌の人ですね。
こういう人は物心ついた時から同じ場所がかゆかったはずです。

 

後天的な人はスキンケアの方法が間違っていたというのが多いです。
顔をきれいにしようとごしごし洗ってしまったり、髪の毛をあまり洗わなかったりして汚れをためたり、こんな人たちですね。

 

このパターンは敏感肌の治療とともにその習慣を正せば自然と収まってくるのでやることは少なめ。
何をするかはっきりわかってるので難しくはないでしょう。

 

以上、原因と症状
あなたの肌は敏感肌でしょうか、違っていたでしょうか。
肌荒れの症状は百人と色なのでこれだ!と断言することは難しいです。
敏感肌であればクスリや習慣の変更で十分治療が可能。
一緒にきれいな肌を目指していきましょう!

 

 

肌が弱くてもできることはある!