特定のパーツだけ荒れる、敏感肌だという人は

特定のパーツだけ荒れる、敏感肌だという人は

 

敏感肌や肌荒れになる人というのは大半が広い範囲にわたってなります。
顔全体とか体全体とか。肌のバリアがそこだけ失われるっていうのはあまりないんです。

 

でも中には個人差があるのでパーツごと、例えば首元だけとかお尻だけとか荒れちゃう場合があります。
そういう場合は顔用のクスリを使いまわすのも悪くはないんですができればそこの場所専用の薬を使うのがベスト。

 

というのは肌荒れというのはその部分ごとに細かい条件、原因が違ってるのです。
例えば顔は非常に油の分泌が多い場所。
この油の多さが肌荒れやニキビの原因になってる場合が多いんです。

 

なので油分の分泌を抑える成分を多く含んだ薬がかなり有効になります。
ほかの部分でいうとお尻。
ここが荒れるという人は少ないので商品も少なめですが、お尻にもセオリーはあります。

 

ここは肌の確執が非常に分厚いのが特徴の部分。
なので普通の成分を配合しただけでは肌の奥にまで成分が浸透しないんです。

 

そこでどうするかというと成分をより浸透させやすくするような工夫、例えば導入成分を使ったり、成分を小さくして入り込みやすくしたりします。
こういう工夫が生きてくるのがお尻という部分ということです。

 

あと、よくある部分としては首元の荒れがそうですね。
デコルテラインとも言い、人に見せる機会が多い分気を付けておきたいところです。
ここは汗を非常に書きやすいということが特徴。

 

この汗が塩になって炎症を起こし肌を荒れさせているというのがよくあるパターンです。
ブランシュールという薬なんかはここをよくわかっていて、公式サイトにもこういう原因で首元の吹き出物が出てくる、なんて説明をしています。
効果を実感した人は?ブランシュールの疑問点まとめ

 

その説明通りここにぴったり合った対策をしていて、汗をまず書かないように保湿でカバーしています。
汗さえ出なくすれば塩分によるあせももないのでかなり楽になるでしょう。

 

このように適材適所でいろんな薬を使ったほうが効果は高くなります。
でもまあこれを体中に適用しようと思うとさすがにお金が足りなくなってくるかと思うのでまずは大きく目立つ部分のケアを中心にやっていきましょう。

 

金銭的に余裕ができたり、ほかもやってみようかなと思えば挑戦してみればいいんです。
今まで使ってたものと効果が全然違うのでびっくりしますよ。